株式会社水産通信社の公式ホームページです。「シーフーズ・ニュース」「パワーデータブック」好評発売中

トップページ
>
水産物 パワーデータブック

水産物 パワーデータブック

『水産物 パワーデータブック』

  本書は『2018年版』で初版から第21集となります。今年は米国と中国の貿易摩擦が深刻化、互いに関税を引き上げる「貿易戦争」の様相を呈するなど、世界情勢が大きな変化をみせつつあります。世界情勢の変化に伴い為替は不安定な動きとなる懸念が強まってきました。こうした中で、世界の水産物供給は養殖が主体となり、養殖生産は大手資本による囲い込みがさらに進行しております。一方、天然魚は地球温暖化の影響がついに現れ始めたとみられ、日本の近海魚種イカ、秋サケ、サンマなどの不漁が顕著となったほか、海外でも資源の極端な変動がみられつつあります。世界の水産物需要は新興国を中心に依然として増加が続いています。日本の水産物の買い付けはいわゆる「買い負け」が深刻化してきました。国内では内食で若年層の「魚離れ」が目立ってきたことから、高齢者に頼らざるを得ない構図がさらに強まっています。このような内外の需給環境の変化の中で、急激な動きに対し迅速かつ適切に対処するには魚種別の需給動向の分析・把握がますます重要となっています。本書は第Ⅰ部から第Ⅴ部まで最新のデータに更新、長期のデータ蓄積とともに各位の業務計画の立案に資するものと信じます。

 

パワーデータブック 2018年版 内容紹介

2018年版の内容紹介は、こちらをクリックして下さい。 

 

 

パワーデータブック 2017年版 内容紹介

2017年版の内容紹介は、こちらをクリックして下さい。 

 

 

パワーデータブック 購入申し込み

パワーデータブック 購入をご希望される方は、こちらをクリックして下さい。